トップページ > オープンソース > Zen Cart アーカイブ

Zen Cart アーカイブ

Zen Cart 管理者機能の設定内容

管理者機能の管理者機能の設定内容は、TABLE_CONFIGURATION で定義されたテーブルに格納されます。

1. 例えば、配送方法に関するモジュールをインストールした場合には、
  configuration_key = ‘MODULE_SHIPPING_INSTALLED’
のレコードにモジュールファイル名がセミコロン区切りで設定されています。

2. モジュール固有の設定項目も同じテーブルに追加されます。各モジュールが持つ設定項目のキーは、モジュールクラスの keys メソッドで取得することができます。
 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック(Close): 0

Zen Cart 管理者機能の追加

Zen Cart に管理者機能を追加する際のファイルの配置は以下の通りです。以下は、ext_customers での例になります。

1. 機能の本体(リクエストされるファイル)
  admin/ext_customers.php

2. プログラム本体から直接 include するPHPファイル、及び css、js、画像
  admin/ext_customers/
 PHP ファイルは、外部から参照されては困るため、ディレクトリ内に次の内容で .htaccess を配置します。

<Files *.php>
Order Deny,Allow
Deny from all
Allow from localhost
</Files>

3. プログラムが利用する関数の定義
  admin/include/functions/extra_functions/ext_customers.php

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック(Close): 0

Zen Cart 管理者サブメニュー追加

Zen Cartのカスタマイズ案件を引き受けた際に、ファイル配置について意外と悩みましたので、今後のためにメモしておきます。

拡張のサブメニューを作成するなら、
  admin/includes/boxes/extra_boxes/
にファイルを追加します。

ファイル名の規則は次の通り。
  (機能名)_(メインメニュー名)_dhtml.php
メインメニュー名のところに指定したメニューのサブメニューとして自動で追加されます。
ファイルに記載する内容は、同一ディレクトリ内の
  product_music_extras_dhtml.php
が参考になります。

ファイル内に記載する文字列定義は、
  admin/includes/languages/(言語)/extra_definitions/
の下に言語ごとに作成することが推奨されます。ファイル名は、機能名と一致させておくと良いです。

言語ごとに定義の必要のない項目(ファイル名など)は、
  admin/includes/extra_definitions/
の下に作成することが推奨されます。やはり、ファイル名は、機能名と一致させておくと良いです。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック(Close): 0

トップページ > オープンソース > Zen Cart アーカイブ

カテゴリー
お知らせ

トップページへ戻る